ピーリング・クレンジング・保湿。正しい使い方で結果の出るケアを♪

Caoru×Martina

皆さま、こんにちは。

前回のコラムでは、気温の低下とともに皮脂の分泌量が減少することによる保湿アイテムの見直しや、秋冬におすすめのジンセナシリーズについてご紹介しました。

ジンセナシリーズと合わせて、プラスワンすることで、

肌の柔らかさを取り戻し保湿アイテムの浸透を高めるためのスペシャルケアアイテム「ピーリングソフト」は、寒くなる季節にも大変おすすめです。

 

ピーリングをプラスワン。全身ツヤ肌へ♪ 

こちらのコラムをご参考にぜひこの時期取り入れてみてくださいね。

さて、ピーリング、クレンジング、保湿アイテム それぞれについて、

使い方をよくセミナーなどでご質問いただきますので、ご紹介します。

【ピーリング】

角質や毛穴の汚れなどが気になる箇所にピーリングをのせ、指先を動かしていねいに研磨します。

この時、指の腹ではなく、第一関節の上半分くらいを使うイメージで細かく研磨するようにしましょう。

決して力は入れずに軽く研磨するように、肌を傷つけないようにしましょうね。

肌が敏感になっている時や乾燥がひどい時には、予め肌を水で濡らしてから行い、さらに途中で指先に水をつけながら行い、5分ほど研磨したらぬるま湯で洗い流します。

【クレンジング】

マルティナ式5minクレンジングマッサージ法は皆さんマスターされましたでしょうか。

お顔の5か所(顎・鼻・両頬・おでこ)にたっぷりのクレンジングミルクをのせ、

肘を外まわしするようにやさしくくるくるとマッサージします。

*内まわししてしまうとお顔を下げてしまうので、必ず外回ししましょう

ピーリングとは違い、お顔の広い面は指の腹を広く使って大きく動かします。

小鼻などの細かい部分は細かくていねいにくるくると指を動かします。

ピーリングやクレンジングは、汚れを表面に浮き立たせることを目的としています。

ですから、タッチは軽く、肌に不要なものを浮き立たせるイメージを持って、指を動かしましょう。その後、ていねいにぬるま湯で洗い流します。

時間をかけてマッサージすると、汚れが肌に戻ってしまいませんか?とご心配されるお客さまがいらっしゃいます。軽いタッチで行いますので、その心配はありません。ご安心ください。

ただし、5minクレンジングマッサージ法はマルティナだからできることです。

肌にこれだけの時間クレンジングミルクをのせていても負担のないように処方されていますので、他のブランドさんの製品で行うことのないように、各ブランドさんの使用方法をご確認の上、ご使用ください。

【保湿アイテム】

アイテム毎に異なりますが、フェイシャルローション、モイスチャーミルク、クリーム

どれをとっても、肌にのせた後、手のひら全体でプレスしてじっくり浸透させましょう。

各5カウントづつ、手のひらでお顔全体に包み込むようにすることで、じっくりと有効成分が肌に取り込まれていきます。

さらに、手のひらを使ってゆっくりと円を描くように(この時も肘を外まわしで)動かしていきます。この時有効成分がじっくり肌に浸透して、肌が喜んでいるのを感じながら、少し重めのタッチで行いましょう。

洗浄するとき、成分を与えるとき、それぞれタッチを変えて行います。

理想の肌を手に入れるためには、肌に合ったコスメ選びと、正しい使い方、

この2点が重要なのです。

皆さまのお肌のお悩みが解消され、スキンケアすることが楽しみになるようにサポートさせていただけましたら嬉しいです。

次回もどうぞお楽しみに♪

美容家 Caoruの画像

美容家 Caoru

バンタンデザイン研究所:ヘアメイク科/フェイシャル専科講師
日本エステティック業協会 AEA 認定講師
日本エステティック業協会 AEA インターナショナルエステティシャン

大手エステティックサロンにてエステティシャン~スパマネージャーを歴任、技術とホスピタリティなどの経験を積み、各界の VIP や有名女優を担当しゴッドハンドと言われる。
その後美容商社、化粧品メーカーにて海外ブランドのナショナルトレーナーとして国内のサロ ンへ講習を担当する。
フランス・パリ、イタリア・ミラノの美容学校との提携にて海外のフェイシャル、ボディテクニックを習得後、独立し、美容コンサルティングとしてホテルスパ、化粧品メーカーなどのコンサルティング、美容学校、プロの技術者向けに技術指導をするかたわら 2017 年スキンケアアプリ開発監修を行い現在に至る。

https://leclat.jp.net/

トップへ戻る