正しい対処法で日焼けによる肌のダメージを素早くケア

Caoru×Martina

本格的な暑さが続き、体力の消耗はもちろん、屋内外での気温差によって体調を崩しやすいこの時期。

熱中症対策や肌のためにも水分補給をこまめにし、塩分摂取も忘れないように気をつけてください。

暑さで体力が消耗され、累積疲労から体調を壊しがちなこの時期は意識的に質のよい睡眠を取る事が大切ですね。

スキンケアで意識するべきはアフターサンケア。

日焼け止めや日傘で日焼け対策を万全にすることはもちろん重要。

ただ、万が一日焼けしてしまっても大丈夫!

正しい対処法で日焼けによる肌のダメージを素早くケアしましょう。

日焼け直後のアフターケア

紫外線によるダメージを受け、肌は少しの刺激にも過敏になった状態。

火照りや炎症がある場合には、まず冷タオルで鎮静させましょう。

過敏な肌に摩擦は厳禁ですから、クレンジングもいつも以上にやさしくやさしく…。

たっぷりのミルクを肌にのせ、指と肌の間にクッションを作ってあげることがポイントです。

日頃から洗顔時のシャワーは水圧が高く肌へ刺激を与えてしまうこともあるので、

推奨していませんが、日焼け直後ももちろんNGです。

手にすくってやさしく洗い流し、水分は軽くタオルをおさえて拭きます。

肌のコンディションを高めるために日頃からお伝えしているこういったひとつひとつの工程をていねいに行うこと、ぜひ意識しましょう。

内側からのスキンケア

強い紫外線を浴びた肌は、普段以上に乾燥し、水分不足な状態。

身体の内側もカラカラですから水分摂取はご存知の通り重要ですね。

身体のすみずみに栄養や酸素を運ぶ血液や肌細胞もほとんどが水分でできています。

ターンオーバーを正常に保ち美肌の基礎をつくる際にも体内の水分が十分に満ち足りていることが重要。

角質細胞が剥がれ落ちるときには、下層の細胞を保護するために水分が必要なため、

水を飲む量が不足すると、結果的に肌の構造が安定しなくなってしまうのです。

この時期は熱中症予防のみならず、肌のためにも水をしっかり飲みましょう。

保湿の重要性

ローション(化粧水)は重ね付けしていますか?

多くの日本人女性が化粧水は使っているけれど、シュシュっとして終わりという方が驚くほど多いのです。

紫外線を浴び、さらに汗をかき、エアコンの風にさらされ、夏の肌も想像以上に肌の水分不足に陥っていることが多いのです。

内側からの水分摂取と同様に化粧水もたっぷりと使うことがおすすめです。

目安は8プッシュしてプレス、これを3回繰り返します。

プレスすると肌に化粧水がどんどん浸透していき、必要としていることを実感されることと思います。

火照りや赤みが出ている場合には、ローションパックがやはり効果的ですよ。

紫外線を浴びて炎症が出てしまっているときに使用する化粧水は、肌に刺激の少ないものがおすすめ。マルティナは肌のコンディションに合わせて豊富なシリーズから製品を選ぶことができ、エタノールフリーなシアーナフェイシャルローションがありますから、1本常備しておくと大変重宝します。

十分に保水したら、肌再生をサポートするため、オイル、乳液、クリームなどで油分もしっかり補いましょう

日焼け直後のNGなスキンケア

日焼け後は美白効果やアンチエイジングなど高機能な化粧品を使いたくなってしまいがち。しかし、こういった機能を求めるに肌を活性化させる成分が配合されていますので、紫外線によって炎症が起きているときには、一部の有効成分が強い刺激となり、肌の炎症を悪化させてしまう可能性があるのです。

日焼け後は、美白ケアよりも鎮静を心掛け、肌の赤みが落ち着いたらピーリングやマスクなどのスペシャルケアを取り入れましょう。

ピーリング_使用中

先日、早めの夏休みを長野県蓼科高原で過ごし、愛犬とともに自然を満喫。

お水がきれいで、いつもよりシンプルなケアで肌も心も回復するのを体感してきました。

私たちは自然の一部。

都心で自然に触れる機会の少ない方も自然を感じる機会をぜひつくってみてくださいね!

次回もどうぞお楽しみに♪

美容家 Caoruの画像

美容家 Caoru

バンタンデザイン研究所:ヘアメイク科/フェイシャル専科講師
日本エステティック業協会 AEA 認定講師
日本エステティック業協会 AEA インターナショナルエステティシャン

大手エステティックサロンにてエステティシャン~スパマネージャーを歴任、技術とホスピタリティなどの経験を積み、各界の VIP や有名女優を担当しゴッドハンドと言われる。
その後美容商社、化粧品メーカーにて海外ブランドのナショナルトレーナーとして国内のサロ ンへ講習を担当する。
フランス・パリ、イタリア・ミラノの美容学校との提携にて海外のフェイシャル、ボディテクニックを習得後、独立し、美容コンサルティングとしてホテルスパ、化粧品メーカーなどのコンサルティング、美容学校、プロの技術者向けに技術指導をするかたわら 2017 年スキンケアアプリ開発監修を行い現在に至る。

https://leclat.jp.net/

トップへ戻る