第一印象を決める唇のケア♪

Caoru×Martina

皆さま、こんにちは。

4月13日(土)にマルティナスキンケアセミナーを開催する運びとなり、先週末にInstagramでご案内したところ、数時間で多数のご予約をいただきました。

多くの方にご興味をお持ちいただけましたこと、またリピーター参加の方も多数いらっしゃいますこと、心より嬉しく思っております。今回は定員に達し、受付を終了とさせていただきましたが、また近いスケジュールでご案内できますよう、努めて参ります。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

IMG_2260

今回のテーマは、お悩みNo.1の乾燥の中でも特に深刻な唇の乾燥について。

唇はその人の第一印象を決める部位として必ず上位にあがっていますね。唇が乾燥していても、また乾燥している!とリップクリームを塗る以外に特に何もされていない方も多いのではないでしょうか。

実は唇は、身体の内側、胃腸とつながる粘膜部分。唇がふっくらとしうるおっていると、動物は無意識のうちに、「この人は健康的だ」と好意を抱くとも言われています。

このように唇も含め肌の不調は身体からのサインと言えますね。唇の荒れが気になる時には、こまめにリップクリームを塗ることはもちろん、胃腸にやさしい消化に良い食事を摂る、などの意識をしてみてくださいね。

そもそも、唇は特にこまめな保湿ケアが重要な部位。

それは、「皮脂腺」や「汗腺」がほとんどなく、水分蒸発を防ぐ油膜もないためです。角質層も薄く、乾燥し始めると症状の進行は早く、うるおいを維持するのはとても困難な部位なので、健康な方であってもこまめにリップクリームを塗ることは重要で、女性はもちろん、男性にもリップクリームはお使いいただきたいアイテムです。

リップクリームは、唇にうるおいを与えて荒れを防ぐのが目的ですから、荒れてから塗るのではなく、こまめに塗ることを意識すると良いですね。

スキンケアの基本ですが、唇も常に清潔にすることを忘れてはいけません。

飲み物を飲んだ後、食事の後など、異物が唇に触れているとトラブルの原因になります。

特に塩分の強い調味料などは要注意!

濡れたティッシュでおさえるなどして、清潔にした後、リップクリームを使用しましょう。

*リップクリームの塗り方

唇を半分に分け、口角から中央に向けて優しく塗ります。上唇、下唇ともに。

縦じわに沿ってリップクリームを指先でトントンと塗りこんでみましょう。

縦じわが気になる方は念入りにたっぷりと使用。

横にぐるっと一周もしくは左右にぐりぐりと塗る方がとても多いように思いますが、

実はNGです。

マルティナのリップバルサムはジャータイプでとろっと滑らかなテクスチャー。

特に唇が乾燥しやすい方にもおすすめです。

●リップバーム

成分:アーモンド油**、ラノリン(ウールワックス)、ミツロウ**、カカオ脂**、シア脂*、ハチミツ**、トコフェロール(ヒマワリ油由来)、ダマスクバラ花油**

ハチミツやダマスクバラが口元にツヤとうるおいを与え、シアバター(保湿成分)、カカオバター配合(保湿成分)で保護する役割も果たしてくれます。

口紅の下地としてもおすすめで、口紅などの色素が配合されているアイテムは、

唇の乾燥のもととなりやすいので、必ず下地を塗ってからお使いいただくことをおすすめします。

また、メイク前に唇のパックをされるのも効果的。リップバルサムをたっぷりと塗り、ラップをして時間をおくだけですので、ぜひお試しくださいね。

次回もどうぞお楽しみに♪

美容家 Caoruの画像

美容家 Caoru

バンタンデザイン研究所:ヘアメイク科/フェイシャル専科講師
日本エステティック業協会 AEA 認定講師
日本エステティック業協会 AEA インターナショナルエステティシャン

大手エステティックサロンにてエステティシャン~スパマネージャーを歴任、技術とホスピタリティなどの経験を積み、各界の VIP や有名女優を担当しゴッドハンドと言われる。
その後美容商社、化粧品メーカーにて海外ブランドのナショナルトレーナーとして国内のサロ ンへ講習を担当する。
フランス・パリ、イタリア・ミラノの美容学校との提携にて海外のフェイシャル、ボディテクニックを習得後、独立し、美容コンサルティングとしてホテルスパ、化粧品メーカーなどのコンサルティング、美容学校、プロの技術者向けに技術指導をするかたわら 2017 年スキンケアアプリ開発監修を行い現在に至る。

https://leclat.jp.net/

トップへ戻る