セミナーレポート続編。天然のクリームが不足すると…

Caoru×Martina

皆さま、こんにちは。

1月も最終週に入り、寒さが深まるこの時期、乾燥を肌で感じる方も多いことと思います。

1/19(土)に開催したNew Yearマルティナスペシャルスキンケアセミナーでは、

この時期特有の乾燥対策を参加者の皆さまと徹底的に実践し、保湿の重要性を学びました。

前回に続き、編集部がレポートさせていただきますので、ぜひ乾燥対策のご参考になさってくださいね。

8652828422501

冬の乾燥には、クレンジングから見直しバリア機能を整えることが重要であることを常にお伝えさせていただいていますが、さらに保湿において、水分と油分を両方補うクリームがとても有効です。

日本人女性の多くが保湿=化粧水で水分を補うことを重点的にされていると思いますが、寒さと空気の乾燥によって、皮脂腺の働きが活発に行うことのできないこの時期は、化粧水で十分水分を補った後、油分を補うオイルやクリームで肌を保護することを意識的に行いましょう。

乳液とクリームの違いは?

・クリーム=油分が優位

・乳液=水分が優位

よって、どちらかを選ぶ際、肌タイプにもよりますが一般的に、梅雨~夏季など皮脂分泌が盛んな時期は乳液を選ぶことができ、秋~春先まではクリームをマストでご使用されることをおすすめします。

もちろん、肌への浸透を高めるために、化粧水・乳液・(オイル)・クリームと重ね付けされることが理想で、その際じっくり5カウントづつ肌への浸透を待ち、浸透してから次のステップへ進むことが、本当に肌が必要としている量を浸透させることに繋がります。

セミナーでは、ご参加者皆さんが今まで使用されていた化粧品の量では足りていなかったことを理解され、肌と対話しながら時間をかけてスキンケアすることが、肌トラブルのない肌へと導くということを実感いただいています。

スキンケアの前提として、

本来、人間は天然のクリームで肌が覆われ、自然と外的刺激から肌を守ることができるのが理想なのですが、空気の乾燥、ストレス、睡眠不足、栄養不足、運動不足、環境の悪化といった要因から自身の肌を守る力が不足してきているのが事実です。

天然のクリーム=皮脂膜のこと。

皮脂膜とは、皮脂腺から分泌される皮脂と汗腺から分泌される水分(汗)が混じりあってできる保湿クリームのこと。

天然のクリームが薄く肌表面にベールをはってくれていると、外的刺激から肌を守ってくれますが、これが足りないと肌を守ることができず、バリア機能の低下から肌を敏感な状態へし、赤みやかゆみが引き起こされる、化粧品がしみてしまう原因となるなど深刻な状況になる可能性がありますから、天然のクリームが足りない方は特にたっぷりとクリームを補い、肌を保護しましょう。

このことから、天然のクリームがとても重要なことがわかります。

そのために、肌の必要なうるおいを守りバリア機能を守るクレンジング選びと正しいクレンジング法を常に美容家Caoruさんにセミナーでレクチャーいただいていますから、正しいクレンジングができているか不安な方はぜひ次回セミナーにご参加くださいね。

さらに、肌の角質層にある天然保湿因子(NMF)も重要や役割を担います。

NMFが不足した肌は、ごわついたりかたくなってしまう傾向にあります。

角質層は水分油分のバランスが整ってこそ、良いコンディションを保つことができます。 スキンケアにおいて、与えるのだけでなく保持することはとても重要なのです。

ハーブや植物の中にも保水、保護、保湿といった肌に必要なすべての役割を担うことができるものが多数あります。

肌に必要なハーブを処方し、シンプルでありながら、現代人の肌のニーズにしっかりと応えるパワフルさを兼ね備えたマルティナ社の製品。

マルティナ女史によって肌本来の機能を蘇らせるために作られたスキンケア製品は、美容家Caoruさんの効果的なスキンケアセミナーやコラムによって、多くの方に肌で実際に効果を感じていただいており、嬉しいお声を多数いただいていることを幸せに思います。

次回もどうぞお楽しみに♪

美容家 Caoruの画像

美容家 Caoru

バンタンデザイン研究所:ヘアメイク科/フェイシャル専科講師
日本エステティック業協会 AEA 認定講師
日本エステティック業協会 AEA インターナショナルエステティシャン

大手エステティックサロンにてエステティシャン~スパマネージャーを歴任、技術とホスピタリティなどの経験を積み、各界の VIP や有名女優を担当しゴッドハンドと言われる。
その後美容商社、化粧品メーカーにて海外ブランドのナショナルトレーナーとして国内のサロ ンへ講習を担当する。
フランス・パリ、イタリア・ミラノの美容学校との提携にて海外のフェイシャル、ボディテクニックを習得後、独立し、美容コンサルティングとしてホテルスパ、化粧品メーカーなどのコンサルティング、美容学校、プロの技術者向けに技術指導をするかたわら 2017 年スキンケアアプリ開発監修を行い現在に至る。

https://leclat.jp.net/

トップへ戻る