プロが教える「手抜きケア」

Caoru×Martina

皆さん、こんにちは。

前々回のコラム「満月のお手入れにスペシャルな美容オイルを♪

で美容家Caoruさんからいただいたこちらのメッセージ。

寒暖差が激しく、体温調整が上手くいかない事から体調を崩されている方も多いのではないかと存じます。美肌とは健康の上に成り立っている事を忘れてはいけません。

体調が優れない時は、無理をせず体を休める事を第一優先にし、スキンケアも『手抜きケア』をしても良いのです。

プロが教える『手抜きケア』はまた今度ご紹介させてください。

健康で笑顔が溢れる日々を過ごせますように。

多数ご反響をいただきました。

スキンケアは時間をかけて丁寧に行うことで肌は応えてくれることをお伝えさせていただいていますが、何よりも楽しむことが最も重要です。

これまでクレンジングをするのを億劫と思われていた方が、大好きな植物の香りでリラックスでき、クレンジングは一日がんばったご自分へのご褒美タイム♪そんな風に思って楽しんでいただける方が増え、コラムをお読みいただいた方やセミナーに参加いただいた方から、スキンケアへの考え方が変わった、自分の肌の変化が楽しめたり、愛おしく思えるようになった、そんなお声をいただき、とても嬉しく思っております。

ただ、今日は何だか疲れて、何よりも体を休めたい時って誰にでもあるはず。

そんな時には手抜きをしても良いのです。

『手抜きケア』といっても、何もしないのではなく、時短テクニックを入れながらも肌を労わること。

今日は『手抜きケア』についてご紹介しますので、時には手抜きケアも取り入れながら健やかな肌を保っていただけたら幸いです。

クレンジングの時短テクニック

クレンジングはホットタオルで先に毛穴を開かせ肌を柔らかくしてから行うことで、時短できます。

ホットタオルの作り方

①熱めのお湯をはった洗面器にタオルを入れ絞る

②濡らしたタオルをレンジであたためる

ホットタオルを顔にあて、しばらくおくと肌が柔らかくなります。

その後、通常通りクレンジングミルクを肌にのせ、やさしくマッサージして洗い流します。

クレンジングはスキンケアの中で最も時間をかけたい大切なステップ。

素肌を清潔に保つのは基本ですが、洗浄成分の強い合成界面活性剤配合のクレンジングは肌に負担をかけかねません。

そこで推奨するのが、合成界面活性剤フリーのオーガニックのクレンジングミルク。

マルティナのクレンジングミルクは、オリーブオイルを始めとする植物オイルが、マッサージすることで、

肌に馴染み、肌表面のメイクや毛穴汚れを浮き上がらせ、洗い流すことでオフできます。

このようにやさしい洗浄成分の製品をお選びいただくことは、肌の土台作りに欠かせませんし、

マッサージによって、肌の血行を促進し、ターンオーバーを正常に整えるのはもちろん、ハリや透明感のある素肌に導くことができとても有効です。

どうしても時短したい、そんなときには強い洗浄成分のクレンジングでサクッと落とす、ではなく

ホットタオルをお試しになってみてくださいね。

これから寒くなり肌が外気で冷たくなるとよりクレンジングが肌に馴染むまでに時間を要します。

寒い場所に長時間いたり、肌がかたくなってるなと思われた日にも、ホットタオルをご活用くださいね♪

化粧水の手抜きケア

クレンジングに続く肌の土台作りに欠かせない化粧水。

化粧水には、保湿、保水に加え、肌のキメを整えるという重要や役割があります。

特に日本人の肌はキメが細かいと言われており、さらにエアコンや外気からの影響を受けると、キメを整える役割をする化粧水をおしみなくお使いいただくことは、肌コンディションを整えることに大きく関わります。

化粧水は例えるなら、種まきの前に畑を耕す作業と同じイメージ。

畑を耕し土を万遍なく整えることで丈夫な植物が育ちますね。

化粧水は肌の基礎づくりの大事な工程ですから、必要な量を丁寧に肌に浸透させてあげたいところ。

化粧水はもちろん、化粧品はじっくりプレスして浸透させる、浸透するのを待ち、まだ肌が欲しがったら、重ね付けをする。

これが肌コンディションに合わせたケアですので、化粧水、乳液、クリームと浸透させるのも鏡の前でじっくり行いたいのですが、疲れて早く横になりたい時には、ローションパックで手抜きをしましょう。

ローションは肌が過敏でエタノールフリーを選びたい時にはシアーナフェイシャルローション、

芳醇なローズの香りで癒されたい時には、ローズフェイシャルローションがおすすめ♪

化粧水で濡らしたシートマスクを肌にのせ、横になってリラックスしましょう。

触って肌表面が柔らかくなり、角質層に水分が保持された状態になるまで、ローションパックします。

シートが乾いてしまったら肌に逆効果ですので、乾く前にローションを足しましょう。

横になりながら、ダラダラたっぷり保湿をしたら、角質層がうるおいで満たされ、その後の化粧品の効果もあがりますよ!

ローションパックの後は、乳液かクリームのいずれか、その日の気分に合わせてお使いください。

手抜きケアでも、化粧水をたっぷり時間をかけて浸透すれば手抜きとは言えないほどの嬉しい効果が期待できます。

ローションパックで時間を置き、さらにハイゼガーゼを重ねたうえに、クリームを乗せ、ラップをして待つ方法もおすすめです。気分に合わせてお試しください。

さらなる手抜きケア

赤みや肌荒れがない方は、

洗顔後の水分が残る肌にカレンドラベビークリームを塗るだけでも良いです。

時短ケアの場合はどなたでもカレンドラベビークリームが有効に働きます。

水分油分のバランスがよく、じっくり肌に浸透し、肌への働きも穏やかなためです。

ぜひご参考になさってくださいね。

10/13(土)のセミナーは午前午後ともに満席となりました。

お申込みいただきました皆様に当日お会いできますことを楽しみにしております。

次回のコラムもどうぞお楽しみに♪

美容家 Caoruの画像

美容家 Caoru

バンタンデザイン研究所:ヘアメイク科/フェイシャル専科講師
日本エステティック業協会 AEA 認定講師
日本エステティック業協会 AEA インターナショナルエステティシャン

大手エステティックサロンにてエステティシャン~スパマネージャーを歴任、技術とホスピタリティなどの経験を積み、各界の VIP や有名女優を担当しゴッドハンドと言われる。
その後美容商社、化粧品メーカーにて海外ブランドのナショナルトレーナーとして国内のサロ ンへ講習を担当する。
フランス・パリ、イタリア・ミラノの美容学校との提携にて海外のフェイシャル、ボディテクニックを習得後、独立し、美容コンサルティングとしてホテルスパ、化粧品メーカーなどのコンサルティング、美容学校、プロの技術者向けに技術指導をするかたわら 2017 年スキンケアアプリ開発監修を行い現在に至る。

https://leclat.jp.net/

トップへ戻る