美容家Caoruさんに聞くマルティナの魅力

Caoru×Martina

皆さま、こんにちは。
今回は、美容家Caoruさんにマルティナの魅力をお話いただきましたのでその一部をお届けします。
マルティナの想いやこだわりを皆さまもぜひ感じていただけたら嬉しいです。

創業の背景


マルティナは、創業者マルティナ・ゲブハルト女史の実体験に基づいて作られているのがまず第一の魅力だと思います。
左ほほに大きな傷を負い、ホームドクターにすすめられてウールワックス(ラノリン)にハーブを混ぜたクリームをつけ始めると、つけ始めて半年ほどで左側のニキビが消え、さらに3~4年後には傷跡もほぼ消えた。
その自らの体験によって植物のもっている大きな力を知り、肌と薬草、自然療法の研究を始め、創業されたため、植物の力を生かす処方、肌が本来持っている治癒力などを引き出すことを基本につくられています。よって、マルティナのコスメはパワーがあり、効果がしっかり実感していただける実力派なのです。

ヨーロッパでは、メディカルハーブといって薬局でハーブが処方されるなど、自然療法が根付いています。
医学ももちろん必要ですが、未然に防ぐ療法はとても素晴らしいことです。
化粧品も、肌にトラブルが起きてからではなく、トラブルが起こらないように日々ケアすることを皆さんにお伝えしていきたいですし、十分にそのケアが可能なのです。

自然保護区で作られたコスメ


ドイツで最も古く美しい修道院の一つ、ヴェッソブルン修道院にマルティナ社のオフィスがあり、アルプス山脈に近い広大な敷地には、薬草園があり小川も流れているといいます。
そして、製造所が建つのはミュンヘン郊外の自然保護区域で美しい湖や山、湿原、牧草地が広がる風景。この穏やかな環境で一つひとつ手作りされるコスメには、自然のエネルギー、美しい風景、穏やかな時間、全てが良いメッセージとなっているのでしょう。
マルティナを初めて手にとったとき感じた力強さは今でも忘れられません。
マルティナを使うといつでも人間が自然の一部であること、深呼吸することを思い出させてくれる偉大な存在ですよ。

水へのこだわり


マルティナは地下 14m からくみ上げられるバイエルンの名水を使用しているそうで、この水脈は昔の氷河が他のものに触れずに偶然残っていたものだそうです。
水が与える影響は私もとても大きいと思っています。
よい水で育ったハーブは灰化したときに美しい結晶をつくることをマルティナ社は発見したそうです。
よい水で育ったハーブとよい水、これもバイオダイナミック農法に次ぐパワーの源となっているのかもしれません。

乳液やクリームの秘密


防腐剤不使用のマルティナのクリーム。実は、乳液やクリームは占星術のカレンダーに従って「地」
の日につくっているそうです。その日はクリームがとてもきれいにつくれて、長持ちする。月の運行
のリズムを大切にするバイオダイナミック農法の理念が、ここにも活かされているのですね。

「肌のための成分のみでつくること」に徹底的にこだわり、一般的に使用される防腐剤を用いずに、クリームや乳液が長持ちし安全にお使いいただきたい。このように徹底的に製品を使う人のことを考えて作られたマルティナ製品に出逢えた皆さんはとてもハッピーだと思います。


スキンケアは自らを慈しむこと。ぜひ楽しんで日々のケアをしてくださいね。
次回もどうぞお楽しみに♪

美容家 Caoruの画像

美容家 Caoru

バンタンデザイン研究所:ヘアメイク科/フェイシャル専科講師
日本エステティック業協会 AEA 認定講師
日本エステティック業協会 AEA インターナショナルエステティシャン

大手エステティックサロンにてエステティシャン~スパマネージャーを歴任、技術とホスピタリティなどの経験を積み、各界の VIP や有名女優を担当しゴッドハンドと言われる。
その後美容商社、化粧品メーカーにて海外ブランドのナショナルトレーナーとして国内のサロ ンへ講習を担当する。
フランス・パリ、イタリア・ミラノの美容学校との提携にて海外のフェイシャル、ボディテクニックを習得後、独立し、美容コンサルティングとしてホテルスパ、化粧品メーカーなどのコンサルティング、美容学校、プロの技術者向けに技術指導をするかたわら 2017 年スキンケアアプリ開発監修を行い現在に至る。

https://leclat.jp.net/

トップへ戻る