エアコンの多用による冷えのお悩みケア

Caoru×Martina

こんにちは、関東では梅雨入り目前ですね。

暑さで体調を崩したり、肌の調子がいまひとつというお声が多く聞こえるこの季節。

たくさんかいた汗をそのまま放置することは、本来弱酸性を保っている肌がアルカリ性に傾き、肌トラブルの元となることを以前お伝えしました。

汗をそのまま放置することによる肌トラブルとは?

エアコンの多用で冷えも気になる季節

その一方で、気温が高いとエアコンを多用し、夏でも身体が冷えて血行が悪くなり、くすみなどの肌悩みにつながったり、湯船につからずにシャワーのみという方も増え、冷えが蓄積されて肌疲れの大きな要因となることもあります。

ご自身の職場環境やその日過ごした環境などを振り返ることで、今日帰宅したらどのようなケアをしたら良いかを考える習慣づけをすることで、早めのケアができ、肌トラブルや身体の不調を防ぐことに繋がります。

もし冷えてしまっていたら、

冷えは万病の元と言われる通り、冷えを放置すると、ホルモンバランスや自律神経の乱れにも繋がり、肌疲れの他、全身の不調や生理不順にも繋がりかねませんので、バスソルトなどを用いてゆったり入浴するなど、冷えを解消し疲れを溜めないようケアしましょう。

バスソルトは冷え予防の他、必須ミネラルを摂りこむことができるため、疲れやすい方にもおすすめです。

いつでもイキイキとした素肌でいることを実現するためにも、日々の心身のケアを欠かさずていねいに行いましょう。

また、「週末はパックやマッサージをする」と決めてみるなど、意識的に早めのお手入れをするのもおすすめですよ。

乾燥とダメージを受けた肌の鎮静におすすめのアイテム

皮脂や汗の分泌が盛んなこの季節も、乾燥したりダメージを受け肌の鎮静をしたい時は、たっぷりと化粧水で保水と鎮静を行っていただくのはもちろん、オイルやクリームもお使いくださいね。

肌回復におすすめのオイルとクリームのご紹介

●カレンドラベビーオイル

大人の方の敏感肌のケアや鎮静が必要な時にもおすすめ。

カレンドラをヒマワリ油に浸し、太陽光に当ててエキスを浸出させる伝統的な製法で作られた浸透性の高いオイル。

バイオダイナミック農法で栽培された生命力あふれる植物が、肌にポジティブに働きかけます。

化粧水のあと、オイルを手のひらであたため、マッサージしながらなじませます。

●アイケアクリーム

良質で栄養価の高いアボカド油やラノリン(純粋なウールワックス)が、繊細な肌にうるおいを与え、しっかり保護する濃厚なクリーム。

マルティナのクリームは濃厚なテクスチャーが特徴。モイスチャーミルク(乳液)のあと、重ねてお使いいただくのはもちろん、モイスチャーミルク乳液と手のひらで混ぜて使用したりとお好みのテクスチャーにしてお使いいただくこともでき、季節や肌コンディションに合わせて調整できます。

●インテンシブフローラルオイル

α-リノレン酸を豊富に含むローズヒップオイルをベースにブレンドした贅沢なオイル。

肌への浸透性が高く、栄養をしっかり運びます。

炎症がある時はカレンドラベビーオイルをお使いいただき、その後肌回復をするために

こちらのオイルを併用されると肌が見違えるように元気になりますよ。

ぜひお試しくださいね。

次回もどうぞお楽しみ♪

美容家 Caoruの画像

美容家 Caoru

バンタンデザイン研究所:ヘアメイク科/フェイシャル専科講師
日本エステティック業協会 AEA 認定講師
日本エステティック業協会 AEA インターナショナルエステティシャン

大手エステティックサロンにてエステティシャン~スパマネージャーを歴任、技術とホスピタリティなどの経験を積み、各界の VIP や有名女優を担当しゴッドハンドと言われる。
その後美容商社、化粧品メーカーにて海外ブランドのナショナルトレーナーとして国内のサロ ンへ講習を担当する。
フランス・パリ、イタリア・ミラノの美容学校との提携にて海外のフェイシャル、ボディテクニックを習得後、独立し、美容コンサルティングとしてホテルスパ、化粧品メーカーなどのコンサルティング、美容学校、プロの技術者向けに技術指導をするかたわら 2017 年スキンケアアプリ開発監修を行い現在に至る。

https://leclat.jp.net/

トップへ戻る