花粉の影響で肌が過敏になっているなと感じたら…

Caoru×Martina

植物たちが芽吹き、外を歩くのも楽しいこの季節。

同時に、季節の移り変わりによる花粉や紫外線などの肌への影響も気になるところ。

今回はこの季節特有の敏感肌の方へ、おすすめのアイテムやお手入れ法をご紹介します。

花粉の影響で肌が過敏になっているなと感じたら…

いつものお手入れにオイルをプラスワン

花粉は、喉や鼻、目などに症状が出るものですが、異物を排除し、体を守ろうとする働きをする「免疫機能」が過剰に反応して肌トラブルをも引き起こしてしまうことがあります。

このように過敏になっている肌はさらに乾燥や紫外線の影響も受けやすくなってしまいますから、天然の油膜をはって外的刺激から肌を守り、バリア機能を高めることが最も重要です。

私たちの肌は空気の乾燥や刺激により皮脂分泌が落ちてしまうことで、天然のクリームは不足します。そこへ代わりに良質なオイルでバリアの役割を補ってあげることが、肌トラブルを未然に防ぐ対処方法となるのです。

おすすめのアイテムは、

カレンドラベビーオイル

新生児からお使いいただけるオイルで、大人の敏感肌の方にもおすすめの処方でこれほど万能なオイルは貴重なのではないでしょうか。

肌の炎症を鎮めるトウキンセンカ(カレンドラ)をヒマワリ油に浸し、太陽光に当ててエキスを浸出させる伝統的な製法で作られた、やさしさとパワフルさを兼ね揃えたオイルです。

夜は、

化粧水の後、オイルをつけてマッサージ、その後クリームをつけて仕上げます。

※2~3月は肌のコンディションが変わりやすい時期。

日々のコンディションを確かめながら、肌の乾燥が和らいできたら化粧水の後、オイルのみで仕上げることもできます。

肌が敏感になっている部分は決して擦らず、とんとんと肌にオイルを入れこんであげてくださいね。

日中は、

こまめにオイルを人差し指か中指でとんとんとなじませ、しっかり浸透させてから、パウダーで仕上げます。

鼻を咬んだり涙を拭ったりする毎に皮膚の水分・油分は奪われてしまいます。

皮が剥けた状態では、バリア機能は低下しており、ひりひりしたりしますね。

少しでも乾燥や刺激を感じられたら、その都度つけてケアしましょう。

肌は常に潤った状態を保つことがトラブルを防ぐ重要なポイントです!

日中の持ち運びに便利なオイルは、

インテンシブフローラルオイル

α-リノレン酸を含むローズヒップオイルをベースに処方されたこのオイルもまた、乾燥肌やバランスを崩しやすい「ゆらぎ肌」におすすめ。

カプセルタイプのオイルで持ち運びにも便利です。ファスナー付の袋などに入れて携帯し、

化粧直しや乾燥が気になる時にとんとんとのせてお使いください。

カプセルは開封したらフレッシュなうちにすぐにお使いいただくよう、余ったオイルは指先や爪、首などのケアにもお使いくださいね。

※お顔のケアをする手や指先もまた、乾燥していたら摩擦の原因になりますから、

手肌のお手入れもこまめに行い、柔らかな手肌を目指しましょう。

そして、花粉の時期は特に帰宅したらすぐに洗顔・スキンケアすることを意識しましょう。

花粉などの異物が肌についていると刺激になりますから、少しでも早く取り除くことが大切です。

さらに花粉によって肌が不安定なこの時期は、いつものお手入れに増して、保湿ケアを重点的に行いましょう。

季節の変わり目で過敏になっている時は、第一に肌を鎮めることが大切です。

厳選されたシンプルな処方のスキンケアアイテムを選びましょう。

シアーナシリーズは、

エッセンシャルオイルやエタノールを一切使用していない最もシンプルなシリーズです。

●シアーナ01

※他のシリーズはクレンジング、化粧水、乳液、クリームにエッセンシャルオイルを含み、

化粧水に植物由来のエタノールが含まれます。

通常、肌にポジティブに働きかけるエッセンシャルオイルなども肌が過敏になっている時は、刺激になり得ることがありますから、季節の変わり目で肌がひりひりする時などは、シアーナシリーズをお試しくださいね。

肌コンディションによって、スキンケアアイテムを使い分ける第一歩にお役に立てることでしょう。

次号では、紫外線ケアなどの情報をお届けします。

どうぞお楽しみに♪

美容家 Caoruの画像

美容家 Caoru

バンタンデザイン研究所:ヘアメイク科/フェイシャル専科講師
日本エステティック業協会 AEA 認定講師
日本エステティック業協会 AEA インターナショナルエステティシャン

大手エステティックサロンにてエステティシャン~スパマネージャーを歴任、技術とホスピタリティなどの経験を積み、各界の VIP や有名女優を担当しゴッドハンドと言われる。
その後美容商社、化粧品メーカーにて海外ブランドのナショナルトレーナーとして国内のサロ ンへ講習を担当する。
フランス・パリ、イタリア・ミラノの美容学校との提携にて海外のフェイシャル、ボディテクニックを習得後、独立し、美容コンサルティングとしてホテルスパ、化粧品メーカーなどのコンサルティング、美容学校、プロの技術者向けに技術指導をするかたわら 2017 年スキンケアアプリ開発監修を行い現在に至る。

https://leclat.jp.net/

トップへ戻る