MARTINA'S PHILOSOPHY

材料へのこだわりMARTINA GEBHARDT

<span>原</span>材料へのこだわりのイメージ

マルティナの化粧品に使われている原料について

ab_phi_img-05

マルティナ社では、100%自然界に存在する原材料を使用しています。化学合成で作られた原材料は全く使用しておりません。
認証された有機栽培農法で栽培されたか、または、demeter(デメター)というルドルフ・シュタイナーが提唱しているビオダイナミック有機栽培農法を規定どおりに実施して栽培された植物を使用しています。
動物性原料は、蜂生成物質と羊毛から得られる油脂のみです。
植物からエキスを抽出する際には合成溶媒を使用していません。
乳化剤は、遺伝子組み替えを行っていない有機栽培で栽培された大豆から得られたレシチンを使用しています。

マルティナ オーガニックスキンケア 品質の基準

ab_phi_img-08

マルティナ オーガニックスキンケアは自然原材料のみの化粧品です。
素肌の輝きを保つため原料を厳選し、品質に対するこだわりは徹底しています。

*自然界にある原材料のみを使用し、化学合成原料、遺伝子組換え原料は使用しません
*バイオ・ダイナミック農法*により栽培された植物、有機栽培植物または野生の植物を使用します
*バイオ・ダイナミック原理に従って作った、スパゲリックエッセンス**を製品に使用します

*バイオ・ダイナミック農法…人智学者ルドルフ・シュタイナーが1924年に提唱した農法。天体の動きを取り入れ、
さらに生命力を最大限に発揮させることを考えた農法です。化学肥料や殺虫剤を使わないのはもちろん、大地そのものの生命力を高めるために考えられた天然成分で作った調合剤を使います。自然界にある全ての生命力と循環を考えたこの農法は、数ある有機農法の中でも“究極のオーガニック農法”と呼ばれています。
**スパゲリックエッセンス…スパゲリック法と呼ばれる古代の製法(蒸留、洗浄、灰化のプロセス)を通して植物のエキスや塩を取り出してつくられたエッセンスで、肌に変化をおこす力となります。

トップへ戻る